--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_06
01
(Wed)22:17

色の見え方

得意先から「印刷物の色が前回見本と違っている」という連絡を頂き、
確認に行ってきました。
印刷物は特色ベタ(ベージュ)のタグだったのですが、
確かに若干赤黒いかな?という感じで刷り直すことになりました。

会社に戻って前回見本と印刷物を改めて見比べると、
事務所(LED)で見ても、工場(色評価用)で見ても、
ほぼ問題ないように見えます!?
逆に少し赤みが足りないかな?という感じです??
しかし屋外(日陰)で見ると、得意先で見た時と同じように赤黒く見えてきました!
さらに日向で見るとほぼ同じように見えます。

不思議な現象ですが、これを「条件等色(メタメリズム)」といいます。
インキの配合が前回と今回で異なっていたために、
このような現象が起きたようです。

光源によって色の見え方が変わってしまうのです。
印刷は奥が深いですね・・・。

<参考>印刷物と照明(コニカミノルタ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。